新着情報     売土地     新築物件     中古物件     賃貸物件     お問合わせ




住まいづくりのすすめ・・・マイホームを持つということは、人生の中で大きな買い物であり節目でもあります。
              その住宅計画で後悔のないように進めていくために、当社では土地探しから建築まで
             お施主様のバックアップを致します。



住まいづくりの手順


【1】予算を決めます。
 
  「あんな家に住みたい!」「こんな場所に住めたらな〜」などなど、夢と希望で考えても
  実際にその土地が、その家が現実のものになるかはやはり予算次第です。
  そこで最初に予算を把握しておくことが『住まいづくり』の第一歩なのです。

  自己資金+借入=総予算                          

  
  自己資金はご自身の預貯金やご両親さんからのご援助も自己資金として考えます。
  借入額を考える場合は月々の支払いやボーナス払いの有無を考えましょう。

  例)自己資金  200万円で総額を考える場合・・・

    Aさんの場合
    
『今のアパートの家賃が70,000円だから、大体同じぐらいで・・・』    

    借入額   2500万円  【借入期間35年 金利1.2%(当初3年固定)】

    月々 72,926円
    

    Bさんの場合
    
『月々は抑えたいな、ボーナスは少しくらいなら大丈夫かなぁ』      

    借入額   2500万円  【借入期間35年 金利1.2%(当初3年固定)】
    ボーナス払い併用の場合

    月々 58,341円  ボーナス 87,687円


    上記のAさんBさんともに総予算は2700万円(200万円+借入額2500万円)になります。
    同じ借入額でも支払方法は様々あります。まずは自分が支払える金額を考えましょう。
    
    またご自身の年収より借入額を考えることもできます。
    ここで言う年収とは手取りではなく税込年収のことをいいます。
    お勤めの会社から「源泉徴収票」をもらうと思いますが、その中に
    記載されている一番大きい数字が税込年収になっています。

    その年収の大体5倍ぐらいの借入が一般的には可能です。
    

  例)ご主人 年収300万円 奥様  年収200万円 のご夫婦の場合

    世帯年収が500万円×5倍=2500万円となります。


    このように予算を決める場合でも様々なアプローチがあります。
    現在、賃貸住宅で『家賃がもったいないな』と思っている方は
    一度マイホームについて考えてみましょう!
    
    

    ※上記でお話しした内容はあくまで一般的な住宅ローンのお話で借入額を約束するものではありません。
     (勤続年数・勤務先・雇用形態・ローンの有無など諸事情により金融機関での審査も変わります))
    ※マイカーローン、その他借入がある場合は自己資金で完済した上での借入が望ましいです。


    次回は土地探しについてお話したいと思います。